CCCデギュスタシオン No.5
e0249326_17421951.jpg

これって何て読むんだろう?三田市ゆりのき台にあるes koyamaさんにあるチョコレートやさんです。友人のお持たせ何にしよう?と考えてたらここが思い浮かんだのだけど・・遠いからやだなぁって思いながら車に乗りましたが、高速使うと目的地まで30分の表示が!え~嘘ぉ~って感じ@0@早く着いたけど相変わらず混んでました。
お持たせにしようと考えたのは、去年、フランスのCCC(クラブ・デ・クロッカードショコラの略だそうです)の品評会で最高位の5タブレットを獲得されたチョコレート「CCCデギュスタシオン No.5」です。自分用にも1つ買いました。
e0249326_1885997.jpg

e0249326_1893846.jpg

「ショコラ好きには有名なCCCとは、1981年に設立されたフランスで最も権威のあるショコラ愛好会。約150名のショコラ愛好家で構成されていて、定期的に開催されるデギュスタシオン(試食会)でショコラを評価するという、いわば、ショコラ版ミシュランのようなもの。当然、誰でも参加できるわけではなく、CCCから招待を受けて始めてエントリーを許されるという狭き門」だそうです。
すごいなぁ、そんなところで最高位と評価されるなんて。果たして私にその凄さが理解できるのであろうか???

e0249326_18135235.jpge0249326_181511.jpg












デギュスタシオンに必要なのは、4つのテーマのボンボンショコラでビターガナッシュ、ミルクガナッシュ、プラリネ、そしてオリジナリティのある自信作と決まっていて、さらに自信作がある場合はもう1種類プラスしてもいいそうです。1.es-ガナッシュ・ノワール 2.es-ガナッシュ・オレ 3.es-プラリネ・ノワゼット は美味しかったけど、そんなにびっくりするほどではありませんでした。でも 4.一休 は「さすが営業マン、小山氏」って感じ。きっとフランス人もこれにやられたんだと思いますが・・京都大徳寺の近くで生まれたせいもあってか、私は大徳寺納豆ってかび臭い辛気臭い味のものとしか思えないのです。だから食べてみて「ギャァ~!せっかく美味しいショコラに何すんねん」って感じ、こんなこと思うのたぶん私だけだと思いますが(笑)
最後 5.スモーキー はウイスキーとフランボワーズを使ったボンボンショコラという説明でダメかも?って思ってました。
最初の1口はウイスキーがきつくてちょっとないなぁって思ったけど残りをいっぺんに食べたら・・いやぁ、びっくりしたって言うかちょっと感動しました。今まで「なんでチョコレートとフランボワーズ?」って思っていましたがなぁ~るほど!少しわかった気がします。で、すべて食べ終えてみると後を引くって言うかなんというか・・ボンボンショコラにはまりそうです。改めて、小山シェフってものすごい才能の持ち主だなぁって思いました。

e0249326_1849647.jpg



大丸でもこの紙袋を持ってはる人が多かったのが
よくわかります。
もうケーキはちょっと・・なので、これからはチョコを買いに
es koyama さんに行きたいと思います ^-^
[PR]
by rochell | 2012-02-14 18:52 | 食べ物


<< 山口旅 壇ノ浦 ピエールマルコリーニ >>